タスクバーを除いたデスクトップ領域の取得

 ・サンプル
	CRect	rectDesktop;

	::SystemParametersInfo(SPI_GETWORKAREA,0,&rectDesktop,0);		//デスクトップ領域取得


 ・結果
    rectDesktopに{top=0 bottom=1412 left=0 right=1800}のように
   スクリーン座標で格納される。
    実際にはタスクバーだけでなくランチャーソフトなどのアプリケ
   ーションバーの領域も除外される。

カテゴリー「VC++ TIPS」 のエントリー