DinopSearchBarとCOMプログラミング(検索用ツールウインドウ作成)

   DinopSearchBarを使用して検索用ツールウインドウを表示する。

   成功すると下のウインドウが表示される。
  


   ※ このサンプルプログラムはDinopSearchBar Ver1.55以降のインストールが必要です

#include "atlbase.h"
#import "C:\Program Files\dinop\DinopSearchBar\DinopSearchBar.dll" no_namespace

const CLSID CLSID_DinopSearchBarBand = {0x509AC252,0x12BD,0x11d5,{0x97,0x39,0x00,0x50,0x04,0xC0,0x99,0xCF}};


class CxxxDlg : public CDialog
{
	CComPtr	m_lpDinop;

	...(省略)
};


void	CxxxDlg::OnButton1(void)
{
	HRESULT				hr;
	CComPtr<IUnknown>	lpUnknown;

	//IDinopSearchBarBandの取得
	::CoInitialize(NULL);										//COMの初期化
	hr= lpUnknown.CoCreateInstance(CLSID_DinopSearchBarBand);	//IDinopSearchBarBandの作成
	if(SUCCEEDED(hr))
		hr = lpUnknown->QueryInterface(&m_lpDinop);				//IDinopSearchBarBandの取得

	//IDinopSearchBarBandの操作
	if(m_lpDinop != NULL)
	{
		if(SUCCEEDED(hr))
			hr = m_lpDinop->CreateSearchWindow(FALSE);			//ツールウインドウ作成
		if(SUCCEEDED(hr))
			hr = m_lpDinop->ShowSearchWindow(TRUE);				//ツールウインドウ表示
	}

//	::CoUninitialize();											//COMの開放(アプリケーション終了時呼び出す)
}

カテゴリー「VC++ TIPS」 のエントリー