DinopSearchBarのCOMインターフェース一覧

   DinopSearchBar Ver1.55からサポートされているCOMインターフェースの一覧です。


※ 関数定義の前にある1からの数値はDISPID。連番ではないことに注意!

【 Ver1.55以降サポート 】
  1:	HRESULT CreateSearchWindow(BOOL bShow);
		ツールウインドウ作成
			bShow = TRUE	生成とともにウインドウ表示
			bShow = FALSE	生成時は最小化

  2:	HRESULT ShowSearchWindow(BOOL bShow);
		ツールウインドウ表示
			bShow = TRUE	ウインドウ表示
			bShow = FALSE	最小化

  3:	HRESULT SetSearchWindowPos(long x,long y);
		ツールウインドウ位置設定
			x,y	スクリーン座標

  4:	HRESULT GetSearchWindowPos(long* pX,long* pY);
		ツールウインドウ位置取得
			*pX,*pY	スクリーン座標

  5:	HRESULT DestroySearchWindow();
		ツールウインドウ破棄
			※ 実際には最小化してるだけ!!

  6:	HRESULT IsSearchWindowVisible(BOOL* pbVisible);
		ツールウインドウ表示状態取得
			*pbVisible = TRUE	ウインドウ表示状態
			*pbVisible = FALSE	最小化状態

  7:	HRESULT bTopMostSearchWindow([out, retval] BOOL *pVal);
		ツールウインドウ表示属性取得
			*pVal = TRUE	常に前面に配置
			*pVal = FALSE	常には前面に配置しない

  7:	HRESULT bTopMostSearchWindow([in] BOOL newVal);
		ツールウインドウ表示属性設定
			newVal = TRUE	常に前面に配置
			newVal = FALSE	常には前面に配置しない

  8:	HRESULT SetSearchWindowDefaultPos();
		ツールウインドウをデスクトップ右上に移動


【 Ver1.56以降サポート 】
  9:	HRESULT m_nVersion([out, retval] long *pVal);
		バージョン数値取得
			*pVal = 156	バージョンを100倍した数値。「156」なら「Ver1.56」

 10:	HRESULT m_bstrVersion([out, retval] BSTR *pVal);
		バージョン取得
			*pVal = "Ver1.56"	この場合バージョンは「Ver1.56」

 11:	HRESULT m_bstrApplicationName([out, retval] BSTR *pVal);
		アプリケーション名取得
			*pVal = "DinopSearchBar"

 12:	HRESULT CreateToolbar(long hWnd);
		ツールバー作成
			hWnd	親ウインドウへのハンドル

 13:	HRESULT SetHtmlDocument(LPUNKNOWN lpHtmlDoc);
		HTMLインターフェース設定
			lpHtmlDoc	IWebBrowser2などのIUnknown*

 14:	HRESULT StartSearch();
 		検索開始

 15:	HRESULT m_bstrWord([out, retval] BSTR *pVal);
		検索語入力欄文字列取得
			*pVal	検索語入力欄に現在ある文字列

 15:	HRESULT m_bstrWord([in] BSTR newVal);
		検索語入力欄文字列設定
			newVal	検索語入力欄に設定したい文字列

 16:	HRESULT SetNotificationWnd(long hWnd, long nNotificationMsg,long wParam);
		検索通知設定
			hWnd			メッセージ通知先ウインドウ
			nNotificationMsg	通知メッセージ
			wParam			通知WPARAM

 17:	HRESULT GetNotificationURL(BSTR* pbstrURL,long* pnMethod);
		検索URL取得
			*pVal	最後に検索されたURL
			*pnMethod	最後に検索されたときの検索方法(METHOD_GETなど)



【 Ver1.57以降サポート 】
    イベントドリブン型インターフェースその他






カテゴリー「VC++ TIPS」 のエントリー