WAVファイルの再生

解説


 PlaySoundを利用して指定したWAVファイルを再生する。
 SND_ASYNCなどのフラグ指定を変えることでさまざまな再生様式にできる。詳しくはMSDNを参照すること。


ソースコード


#include "atlstr.h"
#include "mmsystem.h"

#pragma	comment(lib,"winmm.lib")

void	Test(void)
{
	CAtlString	strWavFile;

	strWavFile = _T("C:\\WINDOWS\\Media\\chimes.wav");

	::PlaySound(strWavFile,NULL,SND_FILENAME | SND_ASYNC); 
}

カテゴリー「VC++ TIPS」 のエントリー