マウスを砂時計に変更

対応OS Windows 95/98/Me/NT/2000

解説

   MFCのCWinApp::DoWaitCursor()を使用することで砂時計を実現しています。


 ・カーソルを砂時計に変える時

	AfxGetApp()->DoWaitCursor(1); 


 ・カーソルを元に戻す時

	AfxGetApp()->DoWaitCursor(-1);


 ・サンプル
void	MouseWait(void)
{
	AfxGetApp()->DoWaitCursor(1);

	::Sleep(10000);		//時間のかかる処理 

	AfxGetApp()->DoWaitCursor(-1);
}



カテゴリー「VC++ TIPS」 のエントリー