Exifファイル(4回目) ~ Exif IFD解説 ~

 ※ *2.2はExif Version 2.2で新たに規定された項目。
   その他はExif Version 2.1で規定された項目を示す。


A. バージョンに関するタグ
  0x9000 Exif バージョン: Exif Version                        UNDEFINED×4
    Exif Version 2.1に準拠する場合には'0210'が入る。

     ※ NULLは付加せずに4バイトであることに注意。
       以下にあるUNDEFINEDタイプはすべて同じ。

  0xA000 対応フラッシュピックスバージョン: FlashPixVersion    UNDEFINED×4
    FlashPix Format Version 1.0に準拠する場合には'0100'が入る。


B. 画像データの特性に関するタグ
  0xA001 色空間情報: ColorSpace                               SHORT
    通常はsRGBが使用される。
     0x0001 : sRGB
     0xFFFF : Uncalibrated


C. 構造に関するタグ
  0x9101 各コンポーネントの意味: ComponentsConfiguration      UNDEFINED×4
    第1~第4コンポーネントの意味を示す。非圧縮の場合はPhotometricInterpretation
   で示される。
     0x04050600 : RGB
     0x01020300 : YCbCr
       0x00 : なし
       0x01 : Y
       0x02 : Cb
       0x03 : Cr
       0x04 : R
       0x05 : G
       0x06 : B

  0x9102 画像圧縮モード: CompressedBitsPerPixel               RATIONAL
    圧縮データ固有の情報。画像圧縮時に設定された圧縮モードを単位bit/pelで示す。

  0xA002 実効画像幅: PixelXDimension                          SHORT or LONG
    有意な画像の幅。非圧縮の場合は不要。

  0xA003 実効画像高さ: PixelYDimension                        SHORT or LONG
    有意な画像の高さ。非圧縮の場合は不要。


D. ユーザー情報に関するタグ
  0x927C メーカーノート: MakerNote                            UNDEFINED×?
    含まれる情報はメーカー固有情報。

  0x9286 ユーザーコメント: UserComment                        UNDEFINED×?
    コメント用の領域。
    ただし始めの8バイトは文字コードを示す。
      0x4153434949000000('ASCII')      ITU-T T.50 IA5
      0x4A49530000000000('JIS')        JIS X0208-1990
      0x554E49434F444500('Unicode')    Unicode Standard
      0x0000000000000000('Undefined')  Undefined


E. 関連ファイル情報に関するタグ
  0xA004 関連音声ファイル: RelatedSoundFile                   ASCII×13
    関連するサウンドファイル名を示す。ファイル名はパスを除いた8.3形式を取る。


F. 日時に関するタグ
  0x9003 原画像データの生成日時: DateTimeOriginal             ASCII×20
    撮影された日時。"YYYY:MM:DD HH:MM:SS"形式で保存。

  0x9004 デジタルデータの作成日時: DateTimeDigitized          ASCII×20
    画像がデジタルデータ化された日時。"YYYY:MM:DD HH:MM:SS"形式で保存。

  0x9290 DateTimeのサブセック: SubSecTime                     ASCII×?
    DateTimeタグに関連して時刻を少数点以下の秒単位まで記録。

  0x9291 DateTimeOriginalのサブセック: SubSecTimeOriginal     ASCII×?
    DateTimeOriginalタグに関連して時刻を少数点以下の秒単位まで記録。

  0x9292 DateTimeDigitizedのサブセック: SubSecTimeDigitized   ASCII×?
    DateTimeDigitizedタグに関連して時刻を少数点以下の秒単位まで記録。


G. 撮影条件に関するタグ
  0x829A 露出時間: ExposureTime                               RATIONAL
    露出時間を示す。単位は秒。

  0x829D Fナンバー: FNumber                                   RATIONAL
    Fナンバーを示す。

  0x8822 露出プログラム: ExposureProgram                      SHORT
     0x00 : 未定義
     0x01 : マニュアル
     0x02 : ノーマルプログラム
     0x03 : 露出優先
     0x04 : シャッター優先
     0x05 : creativeプログラム(被写界深度方向にバイアス)
     0x06 : actionプログラム(シャッタースピード高速側にバイアス)
     0x07 : ポートレイトモード(クローズアップ撮影、背景はフォーカス外す)
     0x08 : ランドスケープモード(landscape 撮影、背景はフォーカス合う)

  0x8824 スペクトル感度: SpectralSensitivity                  ASCII×?
    撮影に用いたカメラの各チャネルのスペクトル感度を表す。
    タグの値はASTM Technicalcommittee で開発された規格と互換性があるASCII文字列。

  0x8827 ISOスピードレート: ISOSpeedRatings                   SHORT×?
    ISO 12232で規定されるカメラまたは入力機器のISO Speed およびISO Latitude。

  0x8828 光電変換関数: OECF                                   UNDEFINED×?
    ISO 14524で規定される光電変換関数(OECF)を表す。OECFはデジカメの光学的入力と
    画像データ値の関係。詳細な説明は省略。

  0x9201 シャッタースピード: ShutterSpeedValue                SRATIONAL
    シャッタースピードを示す。単位はAPEX。
    APEX値から実際のシャッタースピードに変換するには
      APEX値 = - log2(露出時間)
    という式を解く。
    また、Exif Version 2.1には以下の対応表が規定されている。
      -5 : 30sec
      -4 : 15sec
      -3 :  8sec
      -2 :  4sec
      -1 :  2sec
       0 :  1sec
       1 : 1/2sec
       2 : 1/4sec
       3 : 1/8sec
       4 : 1/15sec
       5 : 1/30sec
       6 : 1/60sec
       7 : 1/125sec
       8 : 1/250sec
       9 : 1/500sec
      10 : 1/1000sec
      11 : 1/2000sec

  0x9202 絞り値: ApertureValue                                RATIONAL
    レンズの絞り値を示す。単位はAPEX。
    APEX値から実際の絞り値に変換するには
      APEX値 = 2 log2(F値)
    という式を解く。
    また、Exif Version 2.1には以下の対応表が規定されている。
       0 : F1
       1 : F1.4
       2 : F2
       3 : F2.8
       4 : F4
       5 : F5.6
       6 : F8
       7 : F11
       8 : F16
       9 : F22
      10 : F32

  0x9203 輝度値: BrightnessValue                              SRATIONAL
    輝度値を示す。単位はAPEX。
    APEX値から実際の輝度値に変換するには
      APEX値 = log2(B / NK)
    という式を解く。ただし、Bはcd/cm2、N,Kは定数。
    また、Exif Version 2.1には以下の対応表が規定されている。
      -2 : 1/4
      -1 : 1/2
       0 : 1
       1 : 2
       2 : 4
       3 : 8
       4 : 15
       5 : 30

  0x9204 露光補正値: ExposureBiasValue                        SRATIONAL
    露光補正値を示す。単位はAPEX。

  0x9205 レンズ最小F値: MaxApertureValue                      RATIONAL
    レンズの最小F値を示す。単位はAPEX。

  0x9206 被写体距離: SubjectDistance                          RATIONAL
    被写体距離を示す。単位はm。

  0x9207 測光方式: MeteringMode                               SHORT
      0x00 : 不明
      0x01 : 平均(Average)
      0x02 : 中央重点(CenterWeightedAverage)
      0x03 : スポット(Spot)
      0x04 : マルチスポット(MutiSpot)
      0x05 : 分割測光(Pattern)
      0x06 : 部分測光(Partial)
      0xFF : その他

  0x9208 光源: LightSource                                    SHORT
      0x00 : 不明
      0x01 : 昼光
      0x02 : 蛍光灯
      0x03 : タングステン(incandescent light)
      0x04 : フラッシュ*2.2
      0x09 : 晴れ*2.2
      0x0A : 曇り*2.2
      0x0B : 日陰*2.2
      0x0C : Daylight 蛍光灯(D 5700-7100K)*2.2
      0x0D : Day white 蛍光灯(N 4600-5400K)*2.2
      0x0E : Cool white 蛍光灯(W 3900-4500K)*2.2
      0x0F : White 蛍光灯(WW 3200-3700K)*2.2
      0x11 : 標準光A
      0x12 : 標準光B
      0x13 : 標準光C
      0x14 : D55
      0x15 : D65
      0x16 : D75
      0x17 : D50*2.2
      0x18 : ISOスタジオ・タングステン*2.2
      0xFF : その他

  0x9209 フラッシュ: Flash                                    SHORT
    ビット単位で値が割り振られている。
      bit 0   : 0   : ストロボ発光せず
      bit 0   : 1   : ストロボ発光
      bit 1-2 : 00  : ストロボのリターン検出機能なし
      bit 1-2 : 01  : 予約
      bit 1-2 : 10  : ストロボのリターン検出されず
      bit 1-2 : 11  : ストロボのリターン検出
      bit 3-4 : 00  : 不明*2.2
      bit 3-4 : 01  : Compulsory flash firing*2.2
      bit 3-4 : 10  : Compulsory flash suppression*2.2
      bit 3-4 : 11  : Auto mode*2.2
      bit 5   : 0   : ストロボ機能あり*2.2
      bit 5   : 1   : ストロボ機能なし*2.2
      bit 6   : 0   : 赤目防止機能なし/不明*2.2
      bit 6   : 1   : 赤目防止機能あり*2.2

  0x920A レンズ焦点距離: FocalLength                          RATIONAL
    撮影レンズの実焦点距離を示す。単位はmm。35mmフィルムカメラの焦点距離には換算しない。

  0x9214 被写体エリア: SubjectArea                            SHORT×(2 or 3 or 4)*2.2
     SHORT×2 : x,yによる点状の被写体位置
     SHORT×3 : x,y,rによる円状の被写体位置
     SHORT×4 : x,y,width,heightによる長方形状の被写体位置。ただしx,yは中心点。

  0xA20B フラッシュ強度: FlashEnergy                          RATIONAL
    画像が取り込まれた時に使用されたストロボのエネルギーを示す。測定単位はBeam Candle 
    Power Seconds(BCPS)。

  0xA20C 空間周波数応答: SpatialFrequencyResponse             UNDEFINED×?
    ISO 12233で規定される空間周波数応答(SFR)に従い、カメラまたは入力機器の空間周波
    数テーブル、画像の幅方向(水平)のSFR値、画像の高さ方向(垂直)のSFR値、対角線方
    向のSFR値を記録。詳細な解説は省略。

  0xA20E 焦点面の幅の解像度: FocalPlaneXResolution            RATIONAL
    FocalPlaneResolutionUnit あたりの画像幅(X)方向の画素数。

  0xA20F 焦点面の高さの解像度: FocalPlaneYResolution          RATIONAL
    FocalPlaneResolutionUnit あたりの画像幅(Y)方向の画素数。

  0xA210 焦点面解像度単位: FocalPlaneResolutionUnit           SHORT
    FocalPlaneXResolutionとFocalPlaneYResolutionに対する測定単位を示す。値は
    ResolutionUnitと同様。

  0xA214 被写体位置: SubjectLocation                          SHORT×2
    被写体のおおよその位置。このタグの値は主要被写体の中央に相当する画素をRotation
    タグによる回転処理前の画像の左肩を原点として表現する。最初の値はX座標値を、次の
    値はY座標値を表す。

  0xA215 露出インデックス: ExposureIndex                      RATIONAL
    露出のインデックス。

  0xA217 センサー方式: SensingMethod                          SHORT
     0x01 : 未定義
     0x02 : 単版カラーセンサー
     0x03 : 2板カラーセンサー
     0x04 : 3板カラーセンサー
     0x05 : 色順次カラーセンサー
     0x07 : 3線リニアセンサー
     0x08 : 色順次リニアセンサー

  0xA300 ファイルソース: FileSource                           UNDEFINED
     0x03 : デジタルカメラ

  0xA301 シーンタイプ: SceneType                              UNDEFINED
     0x01 : 直接撮影された画像

  0xA302 CFAパターン: CFAPattern                              UNDEFINED×?
    単板カラーセンサ使用時のセンサのCFA(color filter array)の幾何学的パターン。
    詳細な解説は省略。

  0xA401 スペシャル・エフェクト: CustomRendered               SHORT*2.2
    スペシャル・エフェクト利用の有無。
     0x00 : ノーマル処理
     0x01 : エフェクトあり

  0xA402 露光モード: ExposureMode                             SHORT*2.2
    撮影時の露光モード。
     0x00 : 自動露光
     0x01 : マニュアル露光
     0x02 : 自動ブラケット

  0xA403 ホワイト・バランス: WhiteBalance                     SHORT*2.2
     0x00 : 自動ホワイト・バランス
     0x01 : マニュアル・ホワイト・バランス

  0xA404 デジタル・ズーム比: DigitalZoomRatio                 RATIONAL*2.2
    デジタル・ズーム比。値が 0 の場合にはデジタル・ズームは未使用。

  0xA405 35mm換算焦点距離: FocalLengthIn35mmFilm              SHORT*2.2
    35mm換算での焦点距離。単位はmm。値が 0 の場合には換算焦点距離不明。

  0xA406 撮影シーン・タイプ: SceneCaptureType                 SHORT*2.2
    撮影時のシーン・タイプ。SceneTypeとは異なる。
     0x00 : スタンダード
     0x01 : ランドスケープ
     0x02 : ポートレイト
     0x03 : 夜景

  0xA407 ゲイン・コントロール: GainControl                    RATIONAL*2.2
     0x00 : コントロールなし
     0x01 : 低ゲイン・アップ
     0x02 : 高ゲイン・アップ
     0x03 : 低ゲイン・ダウン
     0x04 : 高ゲイン・ダウン

  0xA408 コントラスト: Contrast                               SHORT*2.2
    撮影時のコントラスト設定。
     0x00 : ノーマル
     0x01 : ソフト
     0x02 : ハード

  0xA409 飽和状態: Saturation                                 SHORT*2.2
    撮影時の飽和状態。
     0x00 : ノーマル
     0x01 : 低飽和
     0x02 : 高飽和

  0xA40A シャープネス: Sharpness                              SHORT*2.2
    撮影時のシャープネス設定。
     0x00 : ノーマル
     0x01 : ソフト
     0x02 : ハード

  0xA40B 撮影コンディション: DeviceSettingDescription         UNDEFINED×?*2.2
    カメラ固有の情報格納領域。

  0xA40C 被写体撮影モード: SubjectDistanceRange               SHORT*2.2
    被写体撮影モード。
     0x00 : 不明
     0x01 : マクロ
     0x02 : 近景
     0x03 : 遠景


H. IFD へのポインタ
  0xA005 互換性IFDへのポインタ: Interoperabiliy IFD Pointer   LONG


カテゴリー「VC++ TIPS」 のエントリー