Exifファイル(3回目) ~ 情報種類 ~

 2回目で取り出したディレクトリ・エントリのタグとそれが示す情報。
 イタリックで表した項目については下に簡単な解説あり。

A.画像データの構成に関するタグ
  0x0100 画像の幅: ImageWidth                               SHORT or LONG
  0x0101 画像の高さ: ImageLength                            SHORT or LONG
  0x0102 画像のビットの深さ: BitsPerSample                  SHORT×3
  0x0103 圧縮の種類: Compression                            SHORT
  0x0106 画素構成: PhotometricInterpretation                SHORT
  0x0112 画像方向: Orientation                              SHORT
  0x0115 コンポーネント数: SamplesPerPixel                  SHORT
  0x011C 画像データの並び: PlanarConfiguration              SHORT
  0x0212 YCCの画素構成(Cの間引き率): YCbCrSubSampling       SHORT×2
  0x0213 YCCの画素構成(YとCの位置): YCbCrPositioning        SHORT
  0x011A 画像の幅の解像度: XResolution                      RATIONAL
  0x011B 画像の高さの解像度: YResolution                    RATIONAL
  0x0128 画像の幅と高さの解像度の単位: ResolutionUnit       SHORT

B. 画像の記録位置に関するタグ
  0x0111 画像データのロケーション: StripOffsets             SHORT or LONG×?
  0x0116 ストリップ中のライン数: RowsPerStrip               SHORT or LONG
  0x0117 ストリップのデータ量: StripByteCounts              SHORT or LONG×?
  0x0201 JPEGのSOIへのオフセット: JPEGInterchangeFormat     LONG
  0x0202 JPEGデータのバイト数: JPEGInterchangeFormatLength  LONG

C. 画像データの特性に関するタグ
  0x012D 再生階調カーブ特性: TransferFunction               SHORT×3×256
  0x013E 参照白色点の色度座標値: WhitePoint                 RATIONAL×2
  0x013F 原色の色度座標値: PrimaryChromaticities            RATIONAL×6
  0x0211 色変換マトリクス係数: YCbCrCoefficients            RATIONAL×3
  0x0214 参照黒色点値と参照白色点値: ReferenceBlackWhite    RATIONAL×6

D. その他のタグ
  0x0132 ファイル変更日時: DateTime                         ASCII×20
  0x010E 画像タイトル: ImageDescription                     ASCII×?
  0x010F 画像入力機器のメーカー名: Make                     ASCII×?
  0x0110 画像入力機器のモデル名: Model                      ASCII×?
  0x0131 使用ソフトウェア名: Software                       ASCII×?
  0x013B 作者名: Artist                                     ASCII×?
  0x8298 撮影著作権者/編集著作権者: Copyright               ASCII×?

E. Exif用のタグ
  0x8769 Exif IFDへのポインタ: ExifIFDPointer               LONG
  0x8825 GPS IFDへのポインタ: GPSIFDPointer                 LONG
  0xA005 互換性IFDへのポインタ: InteroperabilityIFDPointer  LONG


  ・画像入力機器のメーカー名: Make
    記録に用いたデジカメなどの製造メーカー名
     例:"FUJIFILM"

  ・画像入力機器のモデル名: Model
    記録に用いたデジカメなどの製品名など
     例:"FinePixS1Pro"

  Exif IFDへのポインタ: ExifIFDPointer
    上にあるIFDには撮影時のシャッター速度など、Exifに関する情報がない。
   これらの情報は。このタグの示す位置にExif IFDとして保存される。
    Exif IFDの仕様は2回目で示したものと同じ形式を取る。



・Exif IFDのタグ一覧

A. バージョンに関するタグ
  0x9000 Exif バージョン: Exif Version                        UNDEFINED×4
  0xA000 対応フラッシュピックスバージョン: FlashPixVersion    UNDEFINED×4

B. 画像データの特性に関するタグ
  0xA001 色空間情報: ColorSpace                               SHORT

C. 構造に関するタグ
  0x9101 各コンポーネントの意味: ComponentsConfiguration      UNDEFINED×4
  0x9102 画像圧縮モード: CompressedBitsPerPixel               RATIONAL
  0xA002 実効画像幅: PixelXDimension                          SHORT or LONG
  0xA003 実効画像高さ: PixelYDimension                        SHORT or LONG

D. ユーザー情報に関するタグ
  0x927C メーカーノート: MakerNote                            UNDEFINED×?
  0x9286 ユーザーコメント: UserComment                        UNDEFINED×?

E. 関連ファイル情報に関するタグ
  0xA004 関連音声ファイル: RelatedSoundFile                   ASCII×13

F. 日時に関するタグ
  0x9003 原画像データの生成日時: DateTimeOriginal             ASCII×20
  0x9004 デジタルデータの作成日時: DateTimeDigitized          ASCII×20
  0x9290 DateTimeのサブセック: SubSecTime                     ASCII×?
  0x9291 DateTimeOriginalのサブセック: SubSecTimeOriginal     ASCII×?
  0x9292 DateTimeDigitizedのサブセック: SubSecTimeDigitized   ASCII×?

G. 撮影条件に関するタグ
  0x829A 露出時間: ExposureTime                               RATIONAL
  0x829D F ナンバー: FNumber                                  RATIONAL
  0x8822 露出プログラム: ExposureProgram                      SHORT
  0x8824 スペクトル感度: SpectralSensitivity                  ASCII×?
  0x8827 ISO スピードレート: ISOSpeedRatings                  SHORT×?
  0x8828 光電変換関数: OECF                                   UNDEFINED×?
  0x9201 シャッタースピード: ShutterSpeedValue                SRATIONAL
  0x9202 絞り値: ApertureValue                                RATIONAL
  0x9203 輝度値: BrightnessValue                              SRATIONAL
  0x9204 露光補正値: ExposureBiasValue                        SRATIONAL
  0x9205 レンズ最小F値: MaxApertureValue                      RATIONAL
  0x9206 被写体距離: SubjectDistance                          RATIONAL
  0x9207 測光方式: MeteringMode                               SHORT
  0x9208 光源: LightSource                                    SHORT
  0x9209 フラッシュ: Flash                                    SHORT
  0x920A レンズ焦点距離: FocalLength                          RATIONAL
  0x9214 被写体エリア: SubjectArea                            SHORT×(2 or 3 or 4)*2.2
  0xA20B フラッシュ強度: FlashEnergy                          RATIONAL
  0xA20C 空間周波数応答: SpatialFrequencyResponse             UNDEFINED×?
  0xA20E 焦点面の幅の解像度: FocalPlaneXResolution            RATIONAL
  0xA20F 焦点面の高さの解像度: FocalPlaneYResolution          RATIONAL
  0xA210 焦点面解像度単位: FocalPlaneResolutionUnit           SHORT
  0xA214 被写体位置: SubjectLocation                          SHORT×2
  0xA215 露出インデックス: ExposureIndex                      RATIONAL
  0xA217 センサー方式: SensingMethod                          SHORT
  0xA300 ファイルソース: FileSource                           UNDEFINED
  0xA301 シーンタイプ: SceneType                              UNDEFINED
  0xA302 CFAパターン: CFAPattern                              UNDEFINED×?
  0xA401 スペシャル・エフェクト: CustomRendered               SHORT*2.2
  0xA402 露光モード: ExposureMode                             SHORT*2.2
  0xA403 ホワイト・バランス: WhiteBalance                     SHORT*2.2
  0xA404 デジタル・ズーム比: DigitalZoomRatio                 RATIONAL*2.2
  0xA405 35mm換算焦点距離: FocalLengthIn35mmFilm              SHORT*2.2
  0xA406 撮影シーン・タイプ: SceneCaptureType                 SHORT*2.2
  0xA407 ゲイン・コントロール: GainControl                    RATIONAL*2.2
  0xA408 コントラスト: Contrast                               SHORT*2.2
  0xA409 飽和状態: Saturation                                 SHORT*2.2
  0xA40A シャープネス: Sharpness                              SHORT*2.2
  0xA40B 撮影コンディション: DeviceSettingDescription         UNDEFINED×?*2.2
  0xA40C 被写体撮影モード: SubjectDistanceRange               SHORT*2.2


H. IFD へのポインタ
  0xA005 互換性IFDへのポインタ: Interoperabiliy IFD Pointer   LONG
 ※ *2.2はExif Version 2.2で新たに規定された項目。
   その他はExif Version 2.1で規定された項目を示す。

 各タグの説明は次回以降。

カテゴリー「VC++ TIPS」 のエントリー