メッセージボックスの使い方 その1(AfxMessageBox)

」を参照してください。 メッセージボックスは簡単に使えます。いちばん簡単な使い方はこれです。これだけで、メッセージを表示することができます。

	AfxMessageBox("初めてのメッセージ?");

 実行するとこんな感じでメッセージボックスが表示されます。


 さらに、変数の値をメッセージで出したいなら...
	int        n;
	char       lpszData[256];

	・
	・
	(何らかの処理)
	・
	・

	CString    strData;

	strData.Format("lpszDataの中身  :%s\n変数nの中身 :%d",lpszData,n);
	AfxMessageBox(strData);
という感じです。


 まだまだ色々あるけど、とりあえずはこれくらい知っていればいいでしょう。
 とは言うもののもっと「知りたい!」という場合はこちらの「その2

カテゴリー「VC++ TIPS」 のエントリー