SEA&SEA DX-D200(製品型番:06120)


 Nikon D200用のハウジングSEA&SEA DX-D200を買ってしまった。2週間後ぐらいに買おうと思って いたんだけど、問い合わせたら「メーカー在庫が1つしかなく、なくなったら8月の配達になる」と 言われたので即購入。買わせるためのウソなのかもしれないけど...
  (2006:07:02 12:45:28,NIKON D200, 絞り優先, F10.0(64,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 製品型番は06120。購入価格は約20万円。 高すぎる...シリアル番号から推測するにまだ300台弱しか生産されていない模様。
  (2006:07:02 12:45:34,NIKON D200, 絞り優先, F10.0(64,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 中を開けると上部にはスペアのOリングや保証書などが入っていた。
  (2006:07:02 12:46:22,NIKON D200, 絞り優先, F10.0(64,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 そしてその下にはプチプチ梱包されたハウジング。
  (2006:07:02 12:46:50,NIKON D200, 絞り優先, F10.0(64,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 写真では分からないが、ひと目でDX-D70よりも小さくなっていることが分かった。
  (2006:07:02 12:47:17,NIKON D200, 絞り優先, F10.0(64,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 プチプチ梱包の下はビニール梱包。
  (2006:07:02 12:47:47,NIKON D200, 絞り優先, F9.0(5A,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 そしてついに姿を現したハウジング。やっぱり小さい。NX-50やCX-600などと比べると大きいが、 やはり小さい。新品ということもあり黒の色が綺麗。金具もぴかぴか光っている。
  (2006:07:02 12:48:18,NIKON D200, 絞り優先, F9.0(5A,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 DX-D70(奥)と比べてみた。横幅も高さもだいぶ小さくなっている。
  (2006:07:02 12:49:00,NIKON D200, 絞り優先, F9.0(5A,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 DX-D70とは異なり裏蓋側も金属製。
  (2006:07:02 12:50:02,NIKON D200, 絞り優先, F9.0(5A,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 液晶モニターを見るための窓はNEXUSのハウジングのような形になっている。
  (2006:07:02 12:50:08,NIKON D200, 絞り優先, F9.0(5A,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 相変わらずあちこちにボタンが搭載されている。はっきり言ってこれらのボタンを水中で使う ことはほとんどないから、ボタン数を減らしたモデルも作ってもらいたい。DIVのように使う人 の要望に合わせて作るハウジングではないのでしようがないけど...
  (2006:07:02 12:50:11,NIKON D200, 絞り優先, F9.0(5A,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 ストロボコネクターは2つ用意されている。奥は2ピン、手前は5ピン仕様。従来の水中ストロボでiTTL撮影 を可能にするTTLコンバーター for Nikon に標準で対応している。
  (2006:07:02 12:50:24,NIKON D200, 絞り優先, F9.0(5A,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 電源ボタンの操作性はDX-D70と変わらない。カメラの電源ON/OFFをなかなか切り替えれない欠点もその まま継承している。
  (2006:07:02 12:50:35,NIKON D200, 絞り優先, F9.0(5A,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 ロゴマークはキラキラ光るタイプ。カタログに載っているDX-D70とシールのデザインが違うようだ。
  (2006:07:02 12:50:58,NIKON D200, 絞り優先, F9.0(5A,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 裏蓋を外したところ。樹脂製ではないので裏蓋は重い。
  (2006:07:02 12:51:37,NIKON D200, 絞り優先, F9.0(5A,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 裏蓋を外して目に入ったのがファインダー部分。0.66倍のレンズが入っている模様。 取扱説明書によるとオプションで色々な倍率のファインダーが用意されていて、交換 可能ということ。
  (2006:07:02 12:51:43,NIKON D200, 絞り優先, F9.0(5A,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 裏蓋がDX-D70とは異なり不透明になったということで、水没を検出するセンサーを標準 搭載している。
  (2006:07:02 12:51:56,NIKON D200, 絞り優先, F9.0(5A,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 水没を検出すると液晶モニター右下に用意された小さい丸窓が赤く点滅する。 水没センサーが搭載されているのはいいんだけど...電池が切れていないか テストするためのボタンなどが用意されていない。知らないうちに電池が切れて 水没しても分からない、ということになりそうで怖い。
 …と考えていたのも束の間。電池が外れて、しかも取り付けれなくたったから 機能的に使えなくなってしまった。耐久性なさすぎ。まだ数回しか使ったことな かったのに。
  (2006:07:02 12:52:10,NIKON D200, 絞り優先, F9.0(5A,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 裏面を見ると小型化できた理由が1つ分かった。ハウジングに直接グリップが取り付けられている。
  (2006:07:02 19:20:46,NIKON D200, 絞り優先, F10.0(64,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 DX-D70の裏を見るとベースステーに固定されている。逆に考えると、DX-D70の場合はこの部分を取り外して しまえばかなり重量が軽く小さくなる。
  (2006:07:02 19:21:02,NIKON D200, 絞り優先, F10.0(64,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 カメラの底部に取り付けるクイックシューは水中でMF/AF切り替えができるタイプ になっている。NX-60などでは底面に用意された切り替えスイッチでMF/AFを切り替える が、DX-D200の場合はフォーカスツマミの下のツマミで切り替えれる。
  (2006:07:02 12:53:02,NIKON D200, 絞り優先, F9.0(5A,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 とは言うものの、私は水中でオートフォーカスを使うことはまずないし、クイックシューは 三脚を使うとき以外は一年中取り付けているので切り替え機構があると邪魔。ということで取り 外した。プラスドライバーで簡単に分解できる。ただ分解するとカメラの向きが固定されない という欠点もある。DX-D70用のクイックシューを使おうかなぁ。
  (2006:07:02 13:19:21,NIKON D200, 絞り優先, F10.0(64,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

 レシートが同封されていた。20万1500円...やっぱり高いよなぁ。Nikon D200が13万円だ ったからその差7万円。ハウジングの方が高価ということに納得できないよなぁ。
  (2006:07:02 13:27:59,NIKON D200, 絞り優先, F10.0(64,A), 10/600, 0.0, ISO200, 60mm)

カテゴリー「水中機材」 のエントリー