viliv N5のBIOS設定画面

DSC_2251.jpg
今回はViliv N5を起動した時のBIOS画面について。

電源ボタンを押して、電源オン。そしてこのvilivのロゴが現れている状態で、[Fn]+[0]を2回押すとリカバリ画面、[Del]を押すとBIOS設定画面に入ります。

DSC_2257.jpg
これがFn]+[0]を2回押したときのリカバリ画面。
「Normal Boot」を選択するとリカバリはキャンセル、「AMI Rescue」を選択するとリカバリ画面に進みます。

ここでは光学式ジョイスティックは利用できません。そのためキーボードの[↑][↓]で選択して[Enter]で決定します。

DSC_2261.jpg
「AMI Rescue」を選択して先に進むと、、、なんとWindows XPの起動画面になりました。どうやらリカバリ機能はWindows XP上で動いているようです。たかがリカバリにパーティションが7.32GBも奪われているのはこういうところに原因がありそうです。

DSC_2264.jpg
この画面では光学式ジョイスティックが利用できます。
「Restore OS」を選択するとリカバリ開始、「Exit」でキャンセルです。今回はキャンセルしました。

このときに[Tab]や[Ctrl]+[Shift]+[Esc]など色々押してWindows XPに降りれないかと思って試してみましたがダメでした。デフォルトではリカバリ以上の機能は利用できなさそうです。






DSC_2266.jpg
こちらは[Del]を押して入れるBIOS設定画面。AMI Ver2.61のBIOSのようです。

「Main」タブでできるのは日時の設定のみ。

DSC_2267.jpg
「Advancved」タブではCPU、IDE、USBの設定ができるようです。

DSC_2268.jpg
「Advancved」タブのCPU設定画面では、C-STATEという機能の設定画面がありました。これはCPUの動作モード設定らしいです。

DSC_2269.jpg
「Advancved」タブのIDE設定画面ではSMARTなどなどのHDD関連設定ができます。デフォルトで搭載されているSSDの型番の確認もここでできました。M911E32GB(PM-M911E32GBJ)。製造元などの詳細は不明です。

DSC_2270.jpg
「Advancved」タブのUSB設定画面ではUSBキーボードなどのレガシーサポートなど3項目の設定ができるようになっていました。

DSC_2271.jpg
次は「Boot」タブ。ここでは起動設定ができます。

DSC_2272.jpg
「Boot」タブのBoot設定ではNumロック状態の設定とクイックブートの設定がありました。
viliv N5のキーボードはテンキーがないのでNumロックをOnにするとろくなことがなさそうです。

DSC_2273.jpg
「Boot」タブのBootプライオリティ設定では、起動デバイスの順序を設定できます。普通のマザーボードではUSBデバイスなどの設定もできるのですが、、、Viliv N5では出来ません。

とは言うものの、USBメモリーを刺した状態で起動してBIOS設定画面に入るとここでブートシーケンスを設定できるようになります。

DSC_2274.jpg
次は「Security」タブ。ここではパスワードの設定などができます。

以上適当にBIOS設定画面をずらっと見たところ、特に設定を変えた方がいい項目は見つかりませんでした。デフォルトのままでいじる必要はなさそうです。


カテゴリー「その他」 のエントリー