viliv N5で無料オフライン地図を使う

map000.png
今回はフリーソフトのDinopMapViewerを利用してViliv N5でいつでもGoogle地図を見れるようにします。

DinopMapViewerには地図データが含まれないので、まずは同じくフリーソフトのNaviComputerに含まれるNaviMapperを利用して地図データをインターネットからダウンロード&保存します。

map001.png
地図データファイルは結構容量があるので、今回はmicroSDHCカードに保存しました。DinopMapViewerに含まれるPOIファイルとダウンロードした地図データファイルをmicroSDHCカード内にコピーします。

map002.png
DinopMapViewerを起動して、画面上で右クリックして現れるメニューにある「ツール」から「地図ファイル選択」を選択します。

map003.png
すると地図ファイルを選択するウインドウが開きます。ここでmicroSDHCカード内の地図データを指定します。このとき指定する地図データファイルはどれでも構いません。この操作により指定したファイルと同じフォルダにある地図データがすべて開かれます。

map004.png
これで地図データが開きました。

map005.png
とは言うもののPOIデータのフォルダ指定が自動では反映されないため、一度DinopMapViewerを終了します。

map006.png
次回起動時から地図データのフォルダ内にあるPOIファイルが読み込まれてPOIの表示もできるようになりました。

DSC_2430.jpg
オフライン環境でもViliv N5を使ってGoogleマップが見れるようになりました。これまで移動時にT-01Aで使っていたGPS対応のDinopMapViewer for Windows Mobileと併せてだいぶ便利になりそうです。


カテゴリー「その他」 のエントリー