viliv N5向けにインデックスサービスとデフラグの自動実行を切る

sv001.png
Viliv N5などのSSDを搭載しているパソコンではWindows標準機能のインデックス作成や定期的なデフラグ実行は行わない方がいいと言われている。そのため今回はそれらの機能を切る。

「スタート」メニューを開き、「コンピューター」を右クリックして現れるメニューから「管理」を選択する。

sv002.png
すると「コンピューターの管理」が開く。ここで左側のツリーにある「サービスとアプリケーション」の「サービス」を選択する。

sv003.png
そしてインデックス作成用のサービスである「Windows Search」を探し、これをダブルクリックする。

sv004.png
そして開いた画面で、「スタートアップの種類」から「無効」を選択して、さらに「停止」ボタンを押す。

sv005.png
これでインデックス作成機能が切れた。「OK」ボタンを押して変更を適用する。

sv006.png
次にデフラグのスケジューリングを止める。タスクバーの「エクスプローラー」をクリックして開く。

sv007.png
そして「コンピューター」の中にある「ローカルディスク(C)」を右クリックして現れるメニューから「プロパティ」を選択する。

sv008.png
「プロパティ」ウインドウが開いた。この中で「ツール」タブにある「最適化する」ボタンをクリックする。

sv009.png
新たに開いたウインドウ内に「スケジュールの構成」ボタンがある。これを押す。

sv010.png
そして「スケジュールに従って実行する」のチェックを外して「OK」ボタンを押す。これでデフラグが自動的に行われなくなる。


カテゴリー「その他」 のエントリー