viliv N5のリカバリ領域を削除して空き領域として使う

hdd001.png
Viliv N5のWindows 8 Starter 32GBモデルは、初期状態で32GBのうち、7.32GBがリカバリ用に占有されている。これまでの作業でリカバリ領域はメモリーカードにバックアップが終わっている。そのためこのリカバリ領域を削除してもメモリーカードからリカバリ可能だ。

今回はこのリカバリ領域を空き領域として使う設定をする。通常のパーティションであればWindows標準の「コンピューターの管理」から操作できるのだが、Viliv N5のリカバリ領域の場合はOEMパーティションとして保護されているためここからは削除できない。

hdd002.png
そのためコマンドラインから作業を行う。
[Windows]+[R]キーを押してコマンド実行ウインドウを開く。そして「cmd」と入力して「OK」ボタンを押す。

hdd003.png
するとコマンドラインが開く。ここでWindows標準機能として備わっているコマンドライン用のハードディスク操作プログラムの「diskpart」を実行する。

hdd004.png
そして「select disk 0」「select partition 2」を順に実行してハードディスク内のリカバリ用パーティションを選択する。ここでは「list disk」や「list partition」によりステップごとに確認しながら行った。

hdd005.png
リカバリ領域を削除するためのコマンド「delete partition override」を実行する。これで「list parttition」により一覧されるパティーション一覧からリカバリ領域が消えた。最後に「exit」でdiskpartを終了する。

ここで念のため一度パソコンを再起動しておく。

hdd006.png
次に「スタート」メニューの「管理」を選択してコンピュータの管理画面を開く。

hdd007.png
するとこれまでリカバリ領域となっていたパーティションが未割り当てになっていることが確認できる。

hdd008.png
次に未割り当てとなった7GBの領域をCドライブとして利用するために、Cドライブを右クリックして現れたメニューから「ボリュームの拡張」を選択する。

hdd009.png
するとウイザードが開く。

hdd010.png
複雑そうな設定画面になるが、デフォルトのままで何もいじらずに「次へ」進む。

hdd011.png
そして「完了」ボタンを押す。

hdd012.png
これでリカバリ領域のパーティションを空き領域としてCドライブに統合できた。

この段階で再びパソコンを再起動しておく。

hdd013.png
エクスプローラーで確認すると、Cドライブ全体の容量が28.9GBになり、空き容量がだいぶ増えた。







hdd014.png
私はデータ用保存用のDドライブを用意して使う方が好きなので、Cドライブから空き容量を少し削ってDドライブを新たに作ることにした。先ほどと同様に「コンピューター」の管理を開き、Cドライブを右クリックして現れるメニューから「ボリュームの縮小」を選択する。

hdd015.png
すると数分待たされた後、、、

hdd016.png
新たに作るパーティションのサイズを指定する画面が開く。今回はDドライブに4GBを割り当てるため「4000」と入力して「縮小」ボタンを押した。

hdd017.png
これで4GBの未割り当て領域が作成された。さらにこの領域をフォーマットしてDドライブとして使うために右クリックして現れるメニューから「新しいシンプルボリューム」を選択する。

hdd018.png
「次へ」で進む。

hdd019.png
デフォルトのまま進む。

hdd020.png
ここも気にせずに進む。

hdd021.png
ここもデフォルトのまま進む。

hdd022.png
これで「完了」ボタンを押すと空き領域がDドライブとして準備される。

hdd023.png
しばらくフォーマットが行われる。

hdd024.png
そして状態が「正常」となり利用できるようになった。

hdd025.png
エクスプローラーで確認するとちゃんとDドライブとして認識された。


カテゴリー「その他」 のエントリー