viliv N5の画面を1024x768ドットに広げる

disp00000.png
Viliv N5の液晶ディスプレイの解像度は1024×600ドットと、この手のPCとしては大きい方だがそれでもかなり小さい。そのためまずは画面を広げる設定をする。
この設定をすると1024×768ドットになる。縦側に168ドット作業エリアが増える。たったこれだけだが、設定するとしないとでは画面に表示できる情報量がかなり異なる。


デスクトップの何もない場所で右クリックをして現れたメニューから「画面の解像度」を選択する。

disp00001.png
すると設定画面が開く。

disp00002.png
ここで解像度から「1024x768」を選択して「OK」ボタンを押す。

disp00003.png
このディスプレイの設定をそのままにしますか?と聞かれたら「変更を維持する」というボタンを押す。

disp00004.png
たったこれだけの操作で画面が広くなる。

メリットが大きいようだが当然デメリットもいくつかある。元々の液晶パネルがこの解像度に対応していないため、若干文字や画像が縦に圧縮されて潰れる。また文字も小さくなるのでただでさえ小さい画面がさらに見にくくなる。また、縦横比も変わるため動画の再生時では横に伸びたような映像になる。


カテゴリー「その他」 のエントリー