viliv N5の外観

DSC_2222.jpg
今回はViliv N5の外観写真を何枚か。

DSC_2228.jpg
キーボードは縦5列。ファンクションキーがなく、[Fn]+数字キーで代用する方式。
[Fn]+[S]で無線LANのオン/オフ、[Fn]+[D]でBluetooth、[Fn]+[F]や[G]で液晶の輝度調整、[Fn]+[J]や[K]で音量調節、[Fn]+[L]でミュートに設定できる。

DSC_2229.jpg
アルファベットでは[K]と[L]のキーサイズがほかよりも小さくなっている。ブラインドタッチで扱うときはこの辺りが押しにくく感じるがなんとか打てる。

DSC_2230.jpg
[9]と[0]キーの上には小さな青色LEDがあり、NumLockなどの状態が表示される。またそのすぐ右側に赤外線ポートのような黒窓がある。これが光学式ジョイスティック。ここを指でなぞることでマウスポインターを操作できる。

DSC_2231.jpg
キーボードの逆サイドの[Q]の上にはマウスの左右クリック用のボタンが用意されている。左が左クリック用、右側が右クリック用だ。
そのキーのすぐ上にはスリープ状態やHDDよりもアクセス、充電状態や無線LANのオン/オフが表示されるLEDが配置されている。

DSC_2234.jpg
液晶画面の右上側にあるピンホールはWEBカメラ。これが130万画素のPCカメラで、スカイプなどでのビデオチャットなどに利用できる。

DSC_2236.jpg
[Fn]の下側側面にはヘッドホン用のジャックが用意されている。また、どこに配置されているのかは知らないがスピーカーも内蔵されている。

DSC_2237.jpg
スペースキーの下側には内蔵マイクがある。

DSC_2238.jpg
USBポート、microSD/SDHCスロットと電源ジャックは左側面にある。

DSC_2239.jpg
カバーが付いていて、それを開けると真ん中がUSBポート、右側がmicroSDスロットになっている。左側のIOIOIと書かれたスロットはMini HDMI用のスロット。カバーされていて利用できない。

DSC_2240.jpg
逆側の側面にはバッテリを外すためのボタンがある。このボタンを押し込みながらバッテリを手前にスライドさせることで外せる。
バッテリを外すボタンの右側にあるのはスタイラスペンを格納している箇所、、、と思って爪で一生懸命開けようとしたのは内緒。これは何でもないただのブランクでした。


カテゴリー「その他」 のエントリー