2006年3月15日 投資方法を変えてみた(+2.9%)

 昨日、結局売れなくて持ち越すことになってしまったサクラダ(5917)の2000株×162円。

 一応164円で売り注文は出したままだけど、株価がどうなるか不安でしようがない から、今日も前場が開く前に起床して行方を見守ることに。

 前場が開くと同時9:00に2000株全部約定。めでたく持ち越し株は差額2円×2000株の 利益を出せた。

 2日連続での早起き、しかも、昨日資金を増やしたから昨日までよりも大きく買える! ということで銘柄探し&注文。

 まずはトランスジェニック(2342)に焦点を絞り9:05に82円×7000株で買い注文を出す。 ほとんど待たずして9:06に約定。
 9:07にさっそく83円で売り注文を出す。待つこと数分9:11に約定。差額1円×7000株の 利益。

 今日はいい感じかも!と思い、次は9:34に大盛工業(1844)に68円×8400株で買い注文 を出す。
 しかしなかなか買えない。結局前場では買うことができなかった。

 お昼を挟んだ後場、13:24に待望の約定!だけど8400株の買い注文に対して買えたのは 1000株だけ。さっそく買えた1000株を69円で売りに出す。次に約定が来たのが13:27に900株。 細かすぎる...しかしめげずに売り注文を出す。次は13:32に6000株、そして13:36に500株 で、買い注文を出した8400株をすべて買えた。

 売りにだしていた株は、まだ全部買いきっていなかった13:35に100株売れていた。 買えるのが細かくなら、売れるのも細かくきた。その後14:08、14:16、14:57と3段階に 売れて、なんとか後場が閉じる前にすべての株を売り切れた。利益は1円×8400株!


 そんなこんなで、持ち越したサクラダ(5917)が4000円、トランスジェニック(2342) が7000円、大盛工業(1844)が8400円で、合計1万9400円。手数料を引いて1万7400円の 利益が出せた。

 凍結資産のキューピー(2809)分を除いた資産60万円に対する利益の割合は2.9%だった。


今回の取引方法

 昨日までは何も考えずにニチモ(8839)とかサクラダ(5917)とかの160円前後の株価 で推移しているところに手を出していた。だが、この方法では資金40万円では2000株、 60万円でも3000株しか買うことができなかった。そのため株価が1円上昇しても2000円や 3000円程度の利益しか見込めず、2円以上の値動きを期待するしかなかった。
 しかし、2円の上昇が確実に見込める銘柄の探し方がなかなか難しく、買ってもその 日中に売れず、損切りもできず、次の日へ持ち越してしまうことになっていた。

 そのため、今日は安い株価の銘柄を大量に購入することで、株価1円の上昇で売買する 方法を使ってみた。結果は上々で、株価が動かずかなり停滞気味だった大盛工業(1844) でも利益を出すことができた。

カテゴリー「デイトレード」 のエントリー