イタドリ

タデ科(Reynoutria japonica



撮影:大阪府箕面市


 どこにでもある雑草。春先の茎は皮を剥いてしゃぶると水分たっぷりでおいしい... ことはないが水分は取れる。ただしシュウサンを多く含んでいるので食べ過ぎはやばい。
  (2002:10:05 12:51:51,FinePixS1Pro, 絞り優先, F5.6, 1/250, 0.0, 54mm)


  (2002:10:05 12:52:28,FinePixS1Pro, 絞り優先, F8, 1/125, 0.0, 54mm)


  (2002:10:05 12:52:57,FinePixS1Pro, 絞り優先, F16, 1/45, 0.0, 54mm)


  (2002:10:05 12:52:57,FinePixS1Pro, 絞り優先, F16, 1/45, 0.0, 54mm)


  (2002:10:05 12:54:54,FinePixS1Pro, 絞り優先, F5.6, 1/250, 0.0, 54mm)


  (2002:10:05 12:55:30,FinePixS1Pro, 絞り優先, F8, 1/180, 0.0, 54mm)

 イタドリの種子。ヘラ状のものができる。
  (2002:10:05 12:55:48,FinePixS1Pro, 絞り優先, F22, 1/30, 0.0, 54mm)

葉(表面)
  (2002:10:05 12:54:02,FinePixS1Pro, 絞り優先, F22, 1/10, 0.0, 54mm)

葉(裏面)
  (2002:10:05 12:54:18,FinePixS1Pro, 絞り優先, F9.5, 1/90, 0.0, 54mm)



分類:被子植物門 双子葉植物綱 古生花被植物亜綱 タデ目
科名:タデ科
属名:タデ属
和名:イタドリ
学名:Reynoutria japonica
花期:7~10月
花色:白
花序:
高さ:50~150cm
分布:本州、四国、九州
寿命:多年草

カテゴリー「植物図鑑」 のエントリー