ヒヨドリバナ

キク科(Eupatorium chinense



撮影:大阪府箕面市


 秋になればどこでも見られる。
  (2002:09:21 15:05:17,FinePixS1Pro, 絞り優先, F4, 1/350, 0.0, 54mm)

 まだ咲いていないつぼみ。
  (2002:09:21 15:08:22,FinePixS1Pro, 絞り優先, F5.6, 1/180, 0.0, 54mm)


  (2002:09:21 15:06:14,FinePixS1Pro, 絞り優先, F32, 1/10, 0.0, 54mm)


  (2002:09:21 15:08:01,FinePixS1Pro, 絞り優先, F32, 1/8, 0.0, 54mm)

 咲くと花の頭から長いヒゲが出る。
  (2002:09:21 15:07:24,FinePixS1Pro, 絞り優先, F32, 1/8, 0.0, 54mm)

 柔らかい毛が生える。
  (2002:10:27 11:45:21,FinePixS1Pro, 絞り優先, F6.7, 1/45, 0.0, 54mm)

 2枚の葉が対生する。よく似ているヨツバヒヨドリは4枚の葉が輪生。
  (2002:10:27 11:43:57,FinePixS1Pro, 絞り優先, F3.3, 1/250, 0.0, 54mm)

葉(表面)
  (2002:10:27 11:44:46,FinePixS1Pro, 絞り優先, F6.7, 1/60, 0.0, 54mm)

葉(裏面)
  (2002:10:27 11:44:52,FinePixS1Pro, 絞り優先, F6.7, 1/90, 0.0, 54mm)



分類:被子植物門 双子葉植物綱 合弁花植物亜綱 キキョウ目
科名:キク科
属名:フジバカマ属
和名:ヒヨドリバナ
学名:Eupatorium chinense
花期:8~10月
花色:白
花序:
高さ:1~2m
分布:本州、四国、九州、北海道
寿命:多年草

カテゴリー「植物図鑑」 のエントリー