ゲンノショウコ

フウロソウ科(Geranium thunbergii



撮影:大阪府箕面市


 どこにでも生えてる雑草。
 花の色は2色あり、西日本では紫色、東日本では白色が多い。しかし比率が違うもののどちら の色も日本全土で見れる...と思う。
  (2002:09:20 13:05:26,FinePixS1Pro, 絞り優先, F4, 1/350, 0.0, 54mm)


  (2002:09:20 13:06:33,FinePixS1Pro, 絞り優先, F6.7, 1/45, 0.0, 54mm)

 花弁5、ガク片5、雄しべ10、雌しべ1(5裂)
  (2002:09:20 13:05:26,FinePixS1Pro, 絞り優先, F4, 1/350, 0.0, 54mm)


  (2002:09:20 13:08:56,FinePixS1Pro, 絞り優先, F13, 1/10, 0.0, 54mm)


  (2002:09:20 13:09:32,FinePixS1Pro, 絞り優先, F22, 1/4, 0.0, 54mm)


  (2002:09:20 13:09:55,FinePixS1Pro, 絞り優先, F32, 1/1.5, 0.0, 54mm)

 葉(表面)
  (2002:09:20 13:17:05,FinePixS1Pro, 絞り優先, F27, 1/1.5, 0.0, 54mm)

 葉(裏面)
  (2002:09:20 13:17:15,FinePixS1Pro, 絞り優先, F27, 1/2, 0.0, 54mm)



分類:被子植物門 双子葉植物綱 古生花被植物亜綱 フウロソウ目
科名:フウロソウ科
属名:フウロソウ属
和名:ゲンノショウコ
学名:Geranium thunbergii
花期:7~10月
花色:白・紫
花序:
高さ:
分布:日本全土
寿命:多年草

カテゴリー「植物図鑑」 のエントリー