ユビナガスジエビ(テナガエビ科)

  撮影地:兵庫県尼崎市西海岸町 尼崎閘門


  (2006:09:23 14:17:15, NIKON D200, シャッター優先, F4, 1/400sec, 0.0, ISO500, 60mm)

 岩の隙間に隠れるエビ。
 海にはたくさんのエビがいる(はず!)。しかし普段海のなかを泳いでいてもほとんど遭遇する ことはない。エビのほとんどが夜行性のため昼間は岩の陰などに隠れて身を潜めているためだ。 今回見つけたこのエビは護岸の岩の陰にいた。カメラを向けても逃げることはなかったが、何せ 暗い。水中ストロボをカメラに付けていれば明るい状態で撮影できたかもしれないが、今回はその 持ち合わせもない。
 カメラを向けたままヒタスラ"明るいところに出て来い!"と念じ続けたがそれもむなしくずっと 暗い陰に隠れたままだった。



カテゴリー「大阪湾の生き物」 のエントリー