ウリクラゲ(ウリクラゲ科)

  撮影地:兵庫県淡路市岩屋 明石海峡大橋下


  (2006:08:25 17:17:54, NIKON D200, シャッター優先, F4, 1/320sec, 0.0, ISO1000, 60mm)

 水面を漂うウリクラゲ。
 鏡のようになっている水面に接するようにウリクラゲが漂っていた。
 小さいクラゲでしかも透明に近いので見つけるのはいつも泳いでいる目の前。しかしこのクラゲは人 を刺すことはないので安心。刺すクラゲは触手を長く伸ばしているタイプ(だけ?)で、触手に触れる と刺される。刺すクラゲでも傘の部分には刺胞毒がない。そのため沖縄では強烈な毒クラゲとして知ら れるハブクラゲを素手で触って捕まえる人もいる。



カテゴリー「大阪湾の生き物」 のエントリー