チチュウカイミドリガニ(ガザミ科)

  撮影地:兵庫県尼崎市西海岸町 尼崎閘門


  (2006:09:23 15:02:23, NIKON D200, シャッター優先, F4, 1/400sec, 0.0, ISO500, 60mm)

 カニ世界の弱肉強食。
 大きいチチュウカイミドリガニが小さいカニを食べていた。
 チチュウカイミドリガニはワタリガニの名で知られるガザミの仲間。しかし足は泳ぐのに適した形 ではない。また、ワタリガニの仲間ということは食べられるような気がするが食用にしているという 話しは耳にしない。
 このカニは外国からやって来た外来種の1種。そのためにまだ国内で食用にされている実績がないの だろうか?尼崎市や西宮市付近にはこのカニが獲っても獲り切れないぐらいたくさんいる。食べれるの ならいつでも獲れるのだが...



カテゴリー「大阪湾の生き物」 のエントリー