タマシキゴカイ(タマシキゴカイ科)

  撮影地:兵庫県神戸市垂水区塩屋町 塩屋港


  (2006:09:11 15:41:15, NIKON D200, シャッター優先, F3.2, 1/400sec, 0.0, ISO500, 60mm)

 ゴカイの糞の山。
 砂地に生息するタマシキゴカイは排泄物を丁寧にも海底に積み上げて山を作る。大阪湾の砂地の 海底にはこのような糞塊がゴロゴロ転がっている。とは言うものの汚れてヘドロが蓄積しているよ うな大阪湾奥ではこのような光景も見られない。
 こんな糞の山を砂の中に住んでいるゴカイがどうやって作るのだろう?なんて疑問に思うことも あるだろう。しかし数十秒間観察していればその疑問はすぐに解ける。ニョキニョキっと数センチ のチューブのような糞が山の頂上から出てくるのを見れるだろう。



カテゴリー「大阪湾の生き物」 のエントリー