タマキビ(タマキビ科)

  撮影地:兵庫県尼崎市西海岸町 尼崎閘門


  (2006:09:24 11:40:43, NIKON D200, シャッター優先, F14, 1/400sec, 0.0, ISO640, 60mm)

 岩の隙間に群れるタマキビ貝。
 この貝は場所を問わずどこでも見られる。しかも写真のように大量に群れていることが多い。 タマキビは不思議な生き物で海水を嫌う傾向がある。岸壁から引き剥がして海の中に落とすと ものすごい勢いで動き出し、すぐに水面から上がってしまう。
 乾燥にも強いようで、"何ヶ月も机の中に入れていたタマキビを海水に入れたら動き出した" なんて逸話もあるらしい。



カテゴリー「大阪湾の生き物」 のエントリー