スズキ(スズキ科)

  撮影地:兵庫県尼崎市西海岸町 尼崎閘門


  (2006:09:24 12:31:44, NIKON D200, シャッター優先, F7.1, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

 群れで泳いでいたスズキ。
 シュノーケリングで水深1メートルぐらいのところを進んでいると突然目の前に5~6匹ぐらいの スズキと1匹のチヌが姿を現した。突然のことでかなりビックリ。一呼吸置いてからカメラを構えて 撮影した。
 スズキはエビ撒きやルアーなどを使った釣りの対象魚。海のブラックバスという意味で"シーバス" という英語名が付けられている魚。引きが強い魚で、しかも堤防などの沿岸から体長1メートルぐら いの大物が釣れることもあり人気を集めている。
 そんな魚なのでネットで調べると釣り上げた直後の写真をよく見かける。しかし案外、水中を泳 いでいる姿を捉えた写真は少ない。水中写真を撮るのはダイバーが多いが、スズキの多く住んでい る海はダイビングポイントから離れた大阪湾のような汚れた海だからかもしれない。



カテゴリー「大阪湾の生き物」 のエントリー