シマメノウフネガイ(カリバガサガイ科)

  撮影地:兵庫県尼崎市西海岸町 尼崎閘門


  (2006:09:23 14:26:58, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 1/400sec, 0.0, ISO500, 60mm)

 アカニシに大量に付着したシマメノウフネガイ。
 傘貝のような形をしているこの貝は、アカニシやサザエのような大き目の巻貝に付着して成長する。 甲子園浜などではときにイボニシのような小型の貝に付いていることもある。この貝が付いていると 貝自身の成長が遅れるため、サザエなどを扱う貝の業者には忌み嫌われているらしい。
 私は食べたことはないが美味しいらしい。



カテゴリー「大阪湾の生き物」 のエントリー