サラサエビ(サラサエビ科)

  撮影地:兵庫県淡路市岩屋 明石海峡大橋下


  (2006:08:25 17:13:03, NIKON D200, シャッター優先, F3.2, 1/320sec, 0.0, ISO1000, 60mm)

 テトラポットの隙間に群れるエビ。
 この付近はテトラポットがたくさん入っているが、そのうちの1ヶ所にエビがかたまって群れていた。 水深は1mぐらいの場所。水面に浮いたまま撮影するには深すぎ、かと言って泳いで撮影するには浅す ぎる微妙な水深。しかも無理に泳ごうとしたりカメラを近づけるなどの動作を近くですると、すぐに 岩陰に隠れてしまう。じっとしているとすぐにまた現れるのだが...という訳で非常に撮影が大変。 結局うまく撮影することはできなかった。



カテゴリー「大阪湾の生き物」 のエントリー