キュウセン(ベラ科)

  撮影地:兵庫県明石市大倉海岸通 大蔵海岸


  (2006:09:03 12:34:54, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 1/320sec, 0.0, ISO400, 60mm)

 アナアオサが生い茂る海底を泳ぐベラ。
 ベラの仲間でも特にキュウセンは多く生息している。小さいのから大きいのまで様々。しかし 釣りをしてもなかなか釣れてこない。海の中ではこんなに泳いでいるのに何で釣れないんだろう? と思ってしまう...とは言うものの釣り人に言わせれば外道の魚。釣れても海に捨ててしまう人 も多い。
 この魚はオスとメスで体色が異なり、緑色をしたオスは青ベラ、赤いメスは赤ベラと呼ばれる (こともある)。刺身にするとオスとメスで油の乗りや味の違いが分かる。釣りをする人は1度 持って帰って食べ比べてみるといいかもしれない。
 キュウセンは夜になると砂に潜って眠るらしい。夜に泳いで見てみたいなぁ。


カテゴリー「大阪湾の生き物」 のエントリー