キヌバリ(ハゼ科)

  撮影地:兵庫県神戸市垂水区塩屋町 塩屋港


  (2006:09:02 16:03:19, NIKON D200, シャッター優先, F3.2, 1/320sec, 0.0, ISO500, 60mm)

 ホバリングするキヌバリ。
 この魚は海底近くの岩陰にいることが多い。全国的にはよく見かける魚だが大阪湾では少な目。 写真のように泳いだまま一箇所でじっと動かずにいることが多い。
 体には黄色く縁取られた黒い横筋が複数描かれている。この横線の数は太平洋側と日本海側とで 異なり、太平洋側は6本、日本海側は7本となる。横筋を数えるときは胸鰭の後ろから数え、目の ところにある1本とその横のコの字をした1本の計2本は数えない。
 写真の個体は太平洋側なので6本となっている。


カテゴリー「大阪湾の生き物」 のエントリー