カワハギ(カワハギ科)

  撮影地:兵庫県淡路市岩屋 明石海峡大橋下


  (2006:08:25 17:21:47, NIKON D200, シャッター優先, F3.2, 1/320sec, 0.0, ISO1000, 60mm)

 ロープ周りを泳ぐカワハギの稚魚。
 初夏から夏にかけては小さいカワハギの姿をあちこちで見かける。秋ぐらいになるとそこそこ の大きさになり、釣って食べるにもいいサイズに成長する。カワハギは身だけでなく肝も美味しい 魚。しかし大阪湾沿岸のカワハギは、汚いものをたくさん食べて育っているため腸が非常に臭い。 その腸の臭みがすぐに肝臓に移って、美味しいはずの肝が臭くなるのも早い。そのため肝を食べる なら釣り上げた直後に腹を割いて腸だけ取り出して捨ててしまう方がいい。



カテゴリー「大阪湾の生き物」 のエントリー