イシガレイ(カレイ科)

  撮影地:兵庫県淡路市岩屋 明石海峡大橋下


  (2006:09:09 15:43:49, NIKON D200, シャッター優先, F5.6, 1/320sec, 0.0, ISO800, 60mm)

 砂地で休むカレイ。
 カレイの仲間はどれも平たくて同じような色形をしているため見分けが付かない... 簡単には側線が胸鰭のところで曲がっているのがマコガレイ、まっすぐで盛り上がっている のがイシガレイ、側線がまっすぐで目の間に突起があるのがメイタガレイというようになる。 しかしほかにもカレイはたくさんいるので...あぁ分からない!
 写真の個体は側線が盛り上がっているのでイシガレイ。この盛り上がりは「骨質板」と呼ば れる。



カテゴリー「大阪湾の生き物」 のエントリー