イダテンギンポ(イソギンポ科)

  撮影地:兵庫県西宮市浜甲子園 甲子園浜


  (2005:06:17 14:14:24, NIKON D70, シャッター優先, F4.5, 10/2500sec, 0.0, 105mm)

 卵を守るギンポ。
 イダテンギンポは牡蠣殻などに卵を産み付け、それがふ化するまで守る。写真で奥に見える オレンジ色のが卵で、牡蠣殻の内部全体に産み付けられている。
 このギンポはかなり根性があり、潮の満ち引きの影響で水面の上に出てしまっても卵のそば で守り続ける。もともとエラ呼吸の魚だろうから、水から出ては呼吸もできないのだろうが、 再び潮が満ちるまでの数時間水の外でがんばっている。



カテゴリー「大阪湾の生き物」 のエントリー