アカニシ(アッキガイ科)

  撮影地:兵庫県尼崎市西海岸町 尼崎閘門


  (2006:09:24 11:56:22, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 1/400sec, 0.0, ISO640, 60mm)

  撮影地:兵庫県尼崎市西海岸町 尼崎閘門


  (2006:09:24 11:56:38, NIKON D200, シャッター優先, F8, 1/400sec, 0.0, ISO640, 60mm)

 汚れたアカニシ。
 殻に泥が付着しまくっているアカニシ。潮干狩りでアサリを掘っていると貝殻が汚れている 貝は死んでいて、貝殻が綺麗なものが生きているアサリのことが多い。しかしアカニシやイボニシ の場合は貝殻が綺麗な場合は中にヤドカリが入っていて、汚れている場合は生きていることが 多いように思う。
 アカニシを水槽で飼ったときは砂の中によく潜っていた。そのため殻に汚れは付きづらいように 思うのだが...自然界では海底に潜ることは少ないのだろうか?



カテゴリー「大阪湾の生き物」 のエントリー