アカニシ(アッキガイ科)

  撮影地:兵庫県尼崎市西海岸町 尼崎閘門


  (2006:09:23 14:25:47, NIKON D200, シャッター優先, F4, 1/400sec, 0.0, ISO500, 60mm)

 口を伸ばしたアカニシ。
 西宮市や尼崎市は何気にこのアカニシ貝が多く生息している。淡路島や神戸などでは見かけたことが ないが甲子園浜やここ尼崎閘門では出逢うことが多い。
 この貝は一般に食用にされている貝。生のまま刺身にするもよし、茹でてスライスして食べるもよし、 どのような食べ方もできる。サザエよりも大きい貝なので中に入っている身も大きく食べ応えがあり、 コリコリしていて美味しい。そのため見つけると思わず持って帰って食べてしまうことが多い。ちなみ に写真の個体は今までに見たことがないほど大きい個体で、しかもシマメノウフネガイがたくさん付着 していたので"これは貴重!"と思ってそのままにしておいた。



カテゴリー「大阪湾の生き物」 のエントリー