アイゴ(アイゴ科)とキュウセン(ベラ科)

  撮影地:兵庫県神戸市垂水区塩屋町 塩屋港


  (2006:09:11 15:51:51, NIKON D200, シャッター優先, F5.6, 1/400sec, 0.0, ISO500, 60mm)

 アイゴの稚魚とキュウセンの群れ。
 黄色い2匹のアイゴの稚魚と3匹のキュウセンが群れて泳いでいた。この群れを見つけたときから 5分ぐらい潜ったり水面に上がったりを繰り返しながら追い回したが、この5匹はずっと一緒に泳い でいた。
 アイゴは背鰭のトゲに毒を持つ魚。高知に旅行したときはそれを知らずに、捕らえた30cm強の アイゴを捌くときに左手に刺してしまった。刺された直後はものすごく痛くそれからも痛みは しばらく引かず、数日間手がパンパンに腫れた状態になった。
 肝心の味の方は...磯臭いと言われることもあるようだが油が乗って美味しかった。



カテゴリー「大阪湾の生き物」 のエントリー