イワフジツボの1種(イワフジツボ科)

  撮影地:兵庫県尼崎市西海岸町 尼崎閘門


  (2006:09:24 11:40:25, NIKON D200, シャッター優先, F14, 1/400sec, 0.0, ISO640, 60mm)

 岸壁にへばりついていたフジツボ。
 このフジツボは全国どこにでもいる。育っても8mmぐらいなのはイワフジツボ。1cmを超える サイズはオオイワフジツボらしい。しかもこれらが混在して生息している...よく見る生物 だが種類を特定するのは難しいかもしれない。
 このフジツボは満潮時刻に水面下に入るぐらいの場所にいることが多い。こういう水面から 離れた場所には巻貝の1種タマキビガイがいることが多い。よく探すとこの写真にも何匹か写っ ている。



カテゴリー「大阪湾の生き物」 のエントリー