(不明)

  撮影地:兵庫県尼崎市西海岸町 尼崎閘門


  (2006:09:24 12:05:33, NIKON D200, シャッター優先, F3.5, 1/400sec, 0.0, ISO640, 60mm)

 白細い生物。
 牡蠣殻に細長く白い生き物が付着していた。注意深く護岸の岩などを観察するとこのような 小さい生き物がたくさん見られる。ほとんどが地味なものでなかなかカメラを向けようという 気にならない。また、仮に撮影しようと考えても相手は数ミリ~1cm程度の非常に小さい生物。 そんな小さいものを水面に浮かんで波に揺られながらピントを合わせてシャッターを押すのは 非常に困難。
 そんなわけでこの手の生物を撮る機会はほとんどないのだが...今回訪れた尼崎閘門付近 は、沿岸部からかなり陸側に入った場所で周りに建物などが多い関係上、強い風が当たりづらく 波も小さい。そのため波による体の揺れも少なく小さい生き物を撮影しようと思えば撮れる撮影 に適した場所だ。
 とは言うもののここはヘドロの海。ここで泳いだ後は自分の体から強烈なヘドロ臭が漂う。 とてもではないがこのままではバスや電車などの公共交通機関には乗れないので自転車で移動 することになっている。ここ以外にも淀川の方などもっと都心部の海にも行きたいのだが... "足"がないのがツライとこだ。



カテゴリー「大阪湾の生き物」 のエントリー