Toronto大学など、植物の免疫反応に重要な役割を果たす蛋白質を発見

 DIR1は102AA。それ以外はよくわからん。元記事へのリンク(http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/medi/209108)

 カナダToronto大学の9月25日の発表によると、同大学の植物学の教授Robin Cameron氏は、米国Salk研究所、英国John Innesセンター、米国Noble財団の研究者たちと共同で、植物が持っている、病気に対する防御機構において重要な役割を果たすと見られる蛋白質、DIR1を発見した。この発見は、化学合成農薬を全く使わない農作物の栽培を可能にするかもしれない。詳細はNature誌9月26日号に報告された。

 DIR1とやらが本当に免疫的な役割を担ってるんなら革命的かも...また遺伝子組み換え食品だからうんたらとかいう議論は起きそうだけど。

カテゴリー「ニュース」 のエントリー