新食欲ホルモン「グレリン」発見

 「グレリン」一般的にホルモンって認知されるのかなぁ。だとしたらまた1つ覚えなきゃいけなくなるような。元記事へのリンク(http://medwave2.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/leaf?CID=onair/nh/nh_news/187415)

減量した体重を維持できない理由として、「グレリン」というホルモンが関わることがわかった。グレリンは胃と小腸の上部にある特殊な細胞から分泌され、胃と脳との間にメッセージを伝えながら食欲調節の役割を果たしていると考えられている。
 「グレリンは飢餓状態に置かれた場合に、体重が増えやすくすることで、われわれの体を守るために備わった重要なシステムなのです」とカムングス博士は説明している。


カテゴリー「ニュース」 のエントリー