携帯電話による医用機器への影響は現行指針で問題なし、総務省調査

 へぇ。影響与えるってのは本当だったんだ。指針が22cm、最大干渉発生距離が15cmか。覚えとこ。元記事へのリンク(http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/tpic/194636)

 総務省は7月2日、「電波の医用機器等への影響に関する調査」の研究報告書を公表した。1997年3月に策定された現行の「携帯電話やPHSの端末をペースメーカー装着部位から22cm程度以上話すこと」という指針は、CDMAやW-CDMAなどの新しい通信方式の携帯電話(au、NTTドコモのFOMAなど)に対しても妥当であることが確認された。また、新方式の携帯電話の方が、従来からあるPDC方式の携帯電話(NTTドコモ、J-フォンなど)よりも、ペースメーカーなどへの干渉の発生割合や最大干渉発生距離が小さいことも明らかになった。
 なお、除細動器については、現行指針の22cmを守れば問題ないが、実験結果から、5cm以内ではショックを放電する可能性が示唆されており、注意する必要がある。


カテゴリー「ニュース」 のエントリー