英で残虐「吸血鬼」少年

 1ヶ月前の事件ってのはバカすぎ。あ、でもドイツの留学生が本当に吸血鬼だったのかもしれないけど。元記事へのリンク(http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/jul/o20020717_230.htm)

 17歳の少年が「人の生き血を飲むと永遠の命を得られる」という吸血鬼伝説に取り付かれ、90歳の老女の心臓を切り出して血をすすっていたことが16日(日本時間17日)、英ウェールズ北部アングルシー島の刑事法院で開かれた老女殺害事件の初審理(刑事陪審)で明らかになった。
 被告の少年は2001年11月24日、両親の外出中に近所のメイベルさん宅の裏口から押し入り、居間でテレビを見ていたところをいきなり後ろから襲いかかった。全身を22回も刺して殺害。さらに遺体の胸部を切り裂いて心臓を取り出し、新聞紙に包んでステンレスの鍋に入れ、血を吸った。両足にも、傷から流れた血をすすった跡があった。
 少年は以前から吸血鬼に魅せられ「どうしたら吸血鬼になって永遠の命を得られるのか」を熱心に研究していたという。
 少年は殺害を否認しているが、事件の1か月前には、自分に吸血鬼にかまれた跡をつけるため、ドイツ人の交換留学生(16)に無理やり自分の首をかませようして、警察に一時拘束されたこともあったという。

 やるなぁ。すごすぎる。よくできたなぁ。想像しただけで...ウワっ

カテゴリー「ニュース」 のエントリー