恐竜絶滅期のいん石破片か、北海沖にクレーター

 メキシコ湾に落ちた隕石の破片がイギリス沖か。だいぶ離れてるな。元記事へのリンク(http://www.yomiuri.co.jp/04/20020803i103.htm)

 英国の東方沖約130キロの北海の海底で、約6000万―6500万年前に、いん石やすい星のような小天体が衝突した跡と見られる直径約20キロのクレーターが発見された。恐竜を絶滅させたとされる約6500万年前の巨大いん石の衝突跡が、メキシコ・ユカタン半島沖で見つかっているが、研究チームは「その破片とも考えられる」として英科学誌ネイチャーに発表した。


カテゴリー「ニュース」 のエントリー