鹿児島に漂着のクジラは“新種”の可能性

 へぇ。新種かもしれないクジラか。すげえな。にしても最近、猿とか結構大き目の哺乳類で新種が見つかることが多いなぁ。元記事へのリンク(http://www.zakzak.co.jp/top/t-2002_08/3t2002080308.html)

鹿児島県川内市の砂浜に先月漂着したクジラ=写真=が、これまで世界で2例しか確認されていない珍種か、新種の可能性があるとして、鹿児島市のかごしま水族館などは3日、砂浜に埋設処分されていたクジラを掘り返し、調査を始めた。
 当初、ツチクジラと推定されたが、写真を国立科学博物館(東京)に送って照会したところ、オーストラリアとソマリアで2例、いずれも頭骨の標本しか存在しない珍種「タイヘイヨウアカボウモドキ」か、全く別の新種の可能性があることが分かった。
 同水族館の久保信隆さんは「確認作業には数年かかる可能性もある。頭部の形状などがどの種にも合致していない。想像図しかないタイヘイヨウアカボウモドキであれば、全体骨格の確認は初めて」と調査結果に期待を寄せている。


カテゴリー「ニュース」 のエントリー