エコノミークラス症候群対策にポカリスエットが有用

 大塚製薬と日本航空による実験。、「2時間ごとにポカリを飲んではトイレに立つ」ことを心がけると良いかもしれない。とのこと。元記事へのリンク(http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/med/leaf?CID=onair/medwave/tpic/171754)

 飛行機の狭い座席に長時間座ったままでいると、血液が固まって血栓ができ、脳や心臓などに障害を起こすことがあるが、こうした「エコノミークラス症候群」の予防にポカリスエットが役立つ可能性が出てきた。


カテゴリー「ニュース」 のエントリー