「能率上がる」と仕事中の昼寝を奨励 ドイツの町

 今日は夕方まで先生がいないから寝てもOk.(のはず)。眠いから12時頃まで寝ようっと。zzz....元記事へのリンク(http://cnn.co.jp/2002/FRINGE/03/04/town.promotes.nap.reut/)

 ハンブルグの南西にある小さな町ベヒタでは、勤務中の役場職員に昼寝を取ることを奨励している。昼寝で仕事の能率が上がるという。 「仕事が多いのに、職員の数は少ない。でも新たの職員を雇う予算もない」と町が悩んでいたところ、保険会社から勧められたという。

 ドイツに行きたい。昼寝しに。ドイツ語わからないからやっぱ駄目だ。昼寝どころの話しじゃなくなってします。それにしても向こうの保険会社、なかなか面白いことを薦めるものだ。

カテゴリー「ニュース」 のエントリー