紫色のケチャップ、ピンクのマーガリンが登場

 アメリカの食品って原色バリバリのケバイイメージが。でも、「大部分の親は、色つき食品を『嫌だ、気持ちが悪い、悪趣味』」と考えているとのこと。じゃぁ何で売るかなぁ。元記事へのリンク(http://medwave2.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/leaf?CID=onair/nh/nh_news/177359)

 米国の食品業界は、さまざまな食品に従来にはない風変わりな色をつけた製品を販売し、売上げアップを計っている。ところが、この子ども向けの“色仕掛け”に親たちは苦い顔をしている。
 ケチャップを紫色や淡い緑色に染めた製品を売り出したのは大手のハインツ社。同社は近く、「EX・スクアート・ミステリー・カラー」という名のケチャップも売り出す。これを買った人は、ふたを開けるまで、中のケチャップがどんな色をしているのかわからないようになっている。その色はパッションピンク、あざやかなオレンジ、青緑色など。


カテゴリー「ニュース」 のエントリー