「フォース」で輸送車をロケット弾から守る米軍

 RPGが10ドル??ホントに安いの?何年か前に小説で主人公が購入したときには5000ドルぐらいかかってたと思ったんだけど。そんなに安かったのか?そりゃないだろ。弾頭だけ買うと10ドル?にしても安いよなぁ。発射筒はいくらぐらいなんだろう?元記事へのリンク(http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20020826301.html)

 英米の部隊が実際の戦場で遭遇する脅威の中で、きわめて危険でしかも広く使われている武器として、原始的な擲弾筒で撃ち出すロケット弾(RPG)がある。しかも、大抵のテロリストが、わずか10ドルほどの金額で手に入れることができるのだ。
 このローテク武器に対する防御策として、英米側が莫大な開発費を費やしているのが、電気的な「フォース」、つまり電気的な力場を利用した電気装甲だ。
 ロケット弾に代表される「成形炸薬弾」の破壊力を生み出すのは、弾頭の先端に埋め込まれた円錐状の銅合金だ。弾頭が爆発するとこの円錐形が砕かれ、秒速2200メートルという高速高温の流体金属(メタルジェット)となって射出される仕組みになっているのだ。これで瞬時に破壊されないものは重装甲戦車ぐらいのものだろう。
 最近イギリス軍が実施した機能実証テストでは、電気装甲システムを装備した兵員輸送車は、ロケット弾攻撃を受けても、へこみとかすり傷程度のダメージしか受けなかった。
 「ロケット弾は驚くほど広まっている。嘘だと思うなら、リドリー・スコット監督の戦争映画『ブラックホーク・ダウン』を見るといい」と述べるのは、『グローバルセキュリティー』というサイトの責任者であるジョン・パイク氏だ。
 とはいえ、敵の戦車を相手にする場合は、電気装甲による防備はあまり役に立たない。「機甲部隊による戦闘経験がある人間なら誰でも言うことだが、軽装甲車にとって最も怖い相手は重装甲車(たとえば戦車)なのだ」と、電子メールによるインタビューに答えて、『戦略国際問題研究所』(CSIS)の上級研究員、クラーク・マードック氏は語った。


カテゴリー「ニュース」 のエントリー