カフェインに皮膚ガンを防ぐ効果確認

元記事へのリンク(http://medwave2.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/leaf?CID=onair/nh/nh_news/204233)

 マウスにカフェインをたっぷり塗ると、紫外線による皮膚ガンができにくくなることがわかった。米ラトガーズ大学の研究。このほど「米国立科学アカデミー紀要」(Proceedings of National Academy of Sciences )のオンライン版で発表した。
 この研究成果から、カフェインが多く含まれているコーヒーやお茶は、皮膚ガンの予防になるのではないかと研究者たちは言っている。
 その結果、3つのグル-プとも皮膚に悪性の腫瘍ができたが、マウス1匹当たりの悪性腫瘍の数は、アセトンだけを塗ったグループよりも、カフェインを塗ったグルループでは72%、EGCGを塗ったグル-プでは66%少なかった。

 なんでもいいけど「飲んで」じゃなくて「塗って」か。ってことはコーヒーを皮膚に塗れっていうわけな。っつうか日焼け止めとか化粧品にカフェインを入れればいいんだ。そのうちそんな製品がでんじゃないのかな。

カテゴリー「ニュース」 のエントリー