靴を履けば全裸ではない? ヌードで行進の男性、罪に問われず

 ...どうして法律ってこうなんだろうなぁ。あたま悪すぎ。元記事へのリンク(http://www.cnn.co.jp/fringe/K2002092301269.html)

 今年6月にトロントで行われたゲイ・プライド・パレードで、裸でパレードに参加したとして逮捕・起訴された7人の男性が、起訴取り消しになった。理由は、靴を履いていたため“全裸であることを証明するのは難しい”と判断されたからだという。
シム弁護士によると「法律は端的に“裸とは一切の衣服を着ていない状態”と定めている。しかし、もし体の一部分でも布などで覆われていた場合は、少し判断が難しくなる。検察側は今回、7人が“カナダの法律で定めるみだらな裸の状態だった”ことを証明しなくてはならなかったが、7人は靴を履いていた。このため法律の定める“裸”の要件を満たすと証明するのは難しいと判断したようだ」という。


カテゴリー「ニュース」 のエントリー