いん石突入が核戦争の引き金に? 米軍高官が警告

 確かにパキスタンとかの上空に落ちたら核戦争かもな。あ~こわ。映画化希望。元記事へのリンク(http://www.cnn.co.jp/science/K2002100401027.html)

 直径数メートルのいん石が大気圏に突入する際、その衝撃を敵国からの奇襲攻撃と勘違いした国が核戦争を始めるおそれがあるとの証言が4日、米議会の公聴会で注目を集めた。
 米空軍のサイモン・ワーデン准将が下院科学委員会で証言したところによると、大きさがクジラ程度のいん石は数百年に1度、乗用車程度だと数週間に1度の頻度で、地球の大気圏に突入する。今年6月には直径5-10メートルのいん石が地中海上空に突入、燃焼したが、その際に放出されたエネルギーは広島に投下された原爆と同じ規模だったという。
 「このせん光と衝撃がインドやパキスタンの上空で発生した場合を想像してほしい」と、ワーデン准将は指摘する。緊張関係にある核保有国同士がパニックに陥れば、核戦争につながりかねない。また、直径100メートル前後のいん石が大都市の上空に突入した場合は、数万人が死亡するおそれがあるという。


カテゴリー「ニュース」 のエントリー